読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hajimetenoblogid’s diary

このブログは、反安倍ファシズムのすべての人々と連帯するために、米村明夫が書いています。

ファシズムとは?

 ファシズムとは何か、ということを遅ればせながら、書きます。そうすると、何故、統一戦線が必要か、ということもわかってきます。

 ファシズムというと、イメージとして、戦前の日本、言論の自由がなく、弾圧があって、教育も戦争賛成で、・・・、国民は不自由で暗い暮らし、というものかもしれません。

 でも、国民は不自由だったのでしょうか。不自由だと感じた人はどれぐらいいたのですか。弾圧された人はどれだけいたのですか。弾圧された人は、その家族も含めて数えても、国民の一割にも満たなかったのではないですか。

 ファシズムは、多数派を得るために、宣伝を重視します。そこでは嘘、詭弁がテクニークとして堂々と使用されます(テクニークという言葉がかわいそうですね)。そして通常、宣伝が功を奏して、選挙を通じて政権につきます。

 権力を一度手にすると、権力の源泉が国民にあるという民主主義の精神は全く無視し、権力という支配力を最大限に発揮します。これは、形式的には合法的です。

 ①マスコミを脅しによって手中に入れます。その肝要性をよく知っているからです。権力獲得以前からの宣伝重視の延長です。

 ②全権委任法や非常時大権法のような、さらに国家権力を最大強化する法律を制定します。

 ③国家と国家を支持するファシズム組織以外の社会組織、運動は、すべて無力化されます。意見をいっても無視されたり、あるいは弾圧されたりします。民間の会社も、ファシズムを支持すればもうかり、批判すると仕事ができなくなったりすることが露骨に行なわれます。

 ④国家の強制性、暴力性が表面化します。その点で、国家とファシズム組織の連携が支配において重要な役割を果たします。国家ができないこと(暴力や暴力的表現)を代わりにファシズム組織が行なうことで国家権力は、パワーアップします。後者は前者の庇護の下に、高揚感、解放感、パワー感を得ます。

 これがファシズムです。こう書くとずいぶん恐ろしい体制ですね。

 でも、想像してください。こういう体制ができていく途中で、何割の人が、自分は不自由だと感じるか。何割の人が、自分は暴力の対象にされていると感じるか。こういう体制が完成した後でも、何割に達する人が恐ろしい体制の中で生活していると自らを認識しようとするでしょうか。