読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hajimetenoblogid’s diary

このブログは、反安倍ファシズムのすべての人々と連帯するために、米村明夫が書いています。

民主主義のライブ--行動へ

 昨日は、2週間ぶりに、国会前の集会に参加してきました。民主主義のライブです。戦争法案が違憲だと思う人は、是非一緒に参加しましょう。私達の意思表示をさらに拡大していく必要があります。

 1年半前の秘密保護法を強行して以来、安倍政権は勝負に出ています。すごい速度でものごとが進んでいます。普通であれば、使いたくないような荒っぽい手法も、賭けとして利用しています。

 「マスコミを懲らしめなければ」と発言した自民党の大西議員は、2度厳重注意を受けたことになっています。

 しかしこの事件は、自民党にとって、世論獲得にはマイナスに見えますが、マスコミ対策としては、脅迫効果が大です。

 多くのテレビ視聴者を持つNHKは、権力による言論の自由への脅迫をまともに報道しようとしていません。

 

 

NHKが定型句として繰り返す「自民党の勉強会で、報道機関を批判する発言が相次いだ問題」という言葉は、これだけ見れば「報道機関側が批判されるような『よくないこと』をした」ように感じる。だが社会全体という構図で見れば、批判されているのは百田氏と自民党議員であって、報道機関側ではない。

 

 安倍政権は追い詰められている、それでボロが次々と出てくる、というような評価もあります。

 私自身は、安倍ファシズム政権の本質が隠しきれなくなってきていることの現れだと考えています。

 しかしいずれにせよ、評論家であることよりも、民主主義のライブの参加者になることを呼びかけます。