読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hajimetenoblogid’s diary

このブログは、反安倍ファシズムのすべての人々と連帯するために、米村明夫が書いています。

正しいレッテル貼りの緊急の重要性--自民党は、「違憲・クーデター」党だ。

 「戦争法案」という正しいネーミングが必要なように、自民党にも、正しいネーミングを与えることが、緊急に重要性を増しています。

 強行採決をしようとしています。

 私達が勝利して、内閣打倒に成功する可能性もあります。

 そしていずれにせよ、総選挙の可能性もあります。

 安倍だけに批判を集中するのではなく、自民党議員全体に強い批判を拡大していく必要があります。

 

 すべての人々に、世界の、日本の人々に、自民党の「正しい、本当の」姿を知らせる必要があります。

 すべての自民党議員、自民党員、自民党支持者に、自分のやっていること、やろうとしていることを自覚してもらう必要があります。

 

首相(総裁)が、9割の憲法学者違憲指摘、過半数の国民の違憲の声をを無視し、強行採決しようとし、

 官房長官や党の役職者がそれを全力で支え、

 最高裁が、違憲違憲状態を指摘している選挙で選ばれた国会議員の国会で、

 その党の国会議員がただそれに従い、強行採決する

 

 これが憲法破壊であること、国民に対するクーデターであることは、明らかです。

これがこの党の本質です。

 自民党は、「違憲・クーデター」党であり、その党の国会議員や議員候補者は、「違憲・クーデター」党の議員、候補者です。

 この明白なことをごまかそうとする、あらゆる言い訳を、退けなければなりません。

 (私は、「統一戦線」という考えに立っています。保守でも、反安倍ファシズム政権の人と手を結びたいと思います。しかし、上記のことは、あいまいにできません。)

 

 私は、秘密保護法を強行採決した時から、クーデターによるファシズム政権への移行が行なわれた、と考えています。

 しかし、この戦争法案を強行採決するならば、自民党の名は、間違いなく日本史および世界史において、戦争法を強行した違憲・クーデター政党として永遠に残るものとなるでしょう。

 「レッテル貼り」(labeling)は、権力を持つ者が弱者に対し、レッテルを貼り、弱者や第三者を操作することを批判した概念です。

 戦争法案を「平和安全法制整備法」と言い換えるのも、権力による、都合のいいレッテル貼りと言えましょう。

 私達は、権力による嘘のレッテルを剥がし、その本質をわかりやすく示すレッテルに換えなければなりません。

 自民党は、「違憲・クーデター」党だ。

 公明党は「第2違憲・クーデター」党だ。

 --公明党も、今政権離脱を行なわないならば、このことが歴史に永遠に刻まれることとなるでしょう。