読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hajimetenoblogid’s diary

このブログは、反安倍ファシズムのすべての人々と連帯するために、米村明夫が書いています。

「落選運動」と統一戦線運動

 昨日(21日)、国会前の反戦争法制の集会に参加してきました。毎週木曜行なわれる予定の第1回でした。チェックを完全にしたわけではないですが、残念ですが、今朝の新聞などにはほとんど載っていないようです。 

 2013年末の秘密保護法反対闘争の時を思い出します。今日の論点に絞って一つだけを書きますと、あの時は、何人かの市民が、国会前の集会の人々に自公の国会議員の電話番号リストを配りながら、「議員に『反対しろ』との圧力をかけよう」と呼びかけていました。大組織のメンバーという感じではなく、いかにも危機感から必死にやっている感じです。この時は、ネットでも同じことが熱心に呼びかけられていました。この方法は、アメリカの市民運動でその効果が直近で示されたものだということでした。法案が成立した直後も、秘密保護法への賛否を記した議員名リストが新聞に記載されるなどがありました。 

 「我々は、こんな法律を通した議員は絶対許さない。そういうやつは、次の選挙で絶対落とすぞ」ということです。

  いわゆる「落選運動」というものですね。確かにこれは、すごい効果があると思います。仮に「落選運動」の対象とされた候補者の2割が落選したとします。そうすれば、次の選挙では、その他の候補者も自分がその2割に入る可能性を考えて行動せざるを得ないでしょう。と考えれば、実際の落選者数のおそらく3倍近くの効果、この場合であれば、6割近くの候補者に影響を及ぼすことができだろう、と私は想像します。

  アメリカの市民運動では、実際、そういう効果を持ったのでしょう。日本の運動がそれに倣って、すぐの効果を得ようとしたのは、ある意味では、安易かもしれません。しかし、ともかく必死だったのです。どうしても秘密保護法をストップしなければならない、と。

  しかし、次の日本の衆議院選挙ではどうだったでしょうか。「落選させるべき議員リスト」に載せられた結果落選した議員は一人でもいたのでしょうか。一人もいなかった、というのがあたってないとしても、リストの効果で落とせた、といえるケースはなかったのではないでしょうか。あえて皮肉な言い方をすれば、「再当選用議員リスト」になってしまいました。

  「落選運動」は、もう誰も言わない戦術となりました。昨日の集会でも、賛成議員を落とせ、という、怒りをストレートにその議員、選挙にぶつけようとする「落選運動」を呼びかける声は、もちろんありませんでした。

  条件が違うところでは、ある戦術が功を奏したり、逆だったりするのは当然です。だから、日本では「落選運動」は間違いだったのでしょうか。

  そうではありません。先に書いたように、日本の「落選運動」は、どうしても秘密保護法を通してはならない、という強いパワー(願望)の表現だったのです。戦術レベルで考える以前に、そのことを理解しなければなりません。さらに、その上で戦術レベルのことをいえば、それは、統一戦線形成への強いパワー(願望)でもあった、として理解されなければなりません。

  もし、2014年の衆議院選挙で、沖縄のように反自公統一候補を立てることができたら、「落選候補リスト」の1割を落とすことが可能だったかもしれません。私は、選挙事情のようなことは詳しくないので、この1割というよな数字が正しいか、もっと大きいか小さいかは、分かりません。でも、小さい数字だとしてもともかく一定の成果があれば、この運動が持つパワーは、特定の戦術ということを超えて、さらにアップしていったでしょう。

  私が言いたいのは、政治的危機でもあり政治的チャンスでもあるその時々において、生ずる強い民衆的パワー(願望)を正しく捉えて、それを拡大していくのが、反ファシズム運動の核心だろうと言うことです。それが、統一戦線運動です。

 その意味で、あの2014年初頭の反ファシズム勢力として統一すべきであったにもかかわらず、宇都宮と細川の2つの陣営に分裂して行なわれた知事選は、かえすがえすも残念でした。私も私の身の周りでも、少なくない人達がパワーを奪われた、非常にがっかりしたことでした。

  これからの反戦争法制の運動が、本当に広い人々の願望に応えてパワーを拡大していくのか、それがその成功にとっての鍵だと思います。