読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hajimetenoblogid’s diary

このブログは、反安倍ファシズムのすべての人々と連帯するために、米村明夫が書いています。

ファシスト安倍の言動--社会科学的分析の意義

 安倍首相が「早く質問しろよ」「おおげさなんだよ」と、辻元議員にやじったことが報道されています。

 これは、安倍首相が議員、議会に対する尊重を欠いていること、粗暴、傲慢な性格を表しており、ネット上でも強く批判されています。

 同じく、首相の特別委員会での答弁が、すりかえやだましを超えて、「壊れたレコードプレーヤー」のように、質問と関係のないことを繰り返して時間潰しをしていることも、批判されています。

 そして、安倍という人物がいかに国家最高の地位を占めるのにふさわしくない人物であるかを慨嘆するツウィートも多く目にします。

 私はそれらの批判に賛成です。政治戦において必要、有効なものです。即鋭い批判を展開している人々に、敬意と連帯の意を持つものです。

 しかし、そうしたものだけでいいのでしょうか。それらは、安倍首相の言動を彼の能力の低さ、性格の悪さ、人物の小ささ、という観点から評価しているものです。

 それらは、上から目線の評価です。政治倫理的に私達の方が上にある、という主張といっても良いでしょう。

 しかし、ヒトラーの「強力な国家支配」を目の前にして、必要なことは、ヒトラーの「卑小さ」を分析することでだったでしょうか。「強力な」ヒトラーと闘うこと、それに有効なヒトラーの言動分析こそが必要でしょう。

 「卑小さ」の分析は、そうした闘いの一部としてあるべきです。上から目線で、自己満足に陥るためでは困ります。

 私は、理論と実践が密接に関連していると言いましたが、安倍政権ファシズム政権と理解することによって、安倍首相の言動が、ファシストのそれであることが理解できます。

 第1に、安倍首相の言動は、前のブローグで指摘した、秘密保護法制定時に行なわれた国民に対するクーデター(議会の多数与党による翼賛化、議会権限の放棄)を通じた安倍首相による議会支配感覚の現れです。以前から持っていたファシスト的性格、行動を制御する必要性を感じなくなったのです。

 第2に、安倍首相の言動は、前に麻生副首相が「ナチスに学べ」と述べたように、まさにナチスに学び、人々を欺くための計算されたものだ、ということです。そうしたナチス的計算は、当然彼個人の判断の下になされているでしょうが、コンサルタントの指南も受けた上のものでしょう。

 彼の「壊れたレコードプレーヤー」のような行動からは、彼の「無能」を読み取るのではなく、ファシストとしての計算された行動を読み取るべきだ、ということを強調したいと思います。

 では、どうしたら良いでしょうか。こうした社会科学的分析から、どのような行動が導かれるのでしょうか。

 統一戦線です。安倍政権ファシズム政権に反対するすべての党派、運動が一緒になった「ストップ・ザ・アベ」統一戦線運動しかありません。

 私は、以前のブローグで、何故、世論調査における安倍首相の支持率が高いか、という点について、「『巧み』なウソは、人々をだますという効果ばかりではない。それは、舞台上の役者のように、人々の視線を惹き付け、いつの間にか他に役者がいないような気分にさせるのだ」と述べました。

 「ストップ・ザ・アベ」統一戦線運動の大きな旗を掲げることができるならば、舞台には、真の主人公、主権者たる国民が現れるでしょう。

 「正義のラスマス」の登場です。

 

(注)最近知ったばかりですが、「ラスボス」は、ゲームの最後に出てくる黒幕のボスのこと。ここでの「ラスマス」は、最後に出てくる正義の大衆を指します(笑い)。